VEAS ROBOT

木材搬送ロボットと省力化

建材工場やプレカット工場等の加工ラインで人手が必要な材料投入や取出し、梱包の作業をアーム型ロボットが担当する事で従業員の負担を軽減。人手不足や働き方改革に対応しつつ作業の効率・精度を大幅に向上します。

ロボット導入のメリット

 

1.人手に代わり、文句も言わずプログラム通りに動いてくれる。残業代が不要、人件費が安くなる

2.人手に比べて作業効率がよい。重いものを搬送できるし、微小な作業も可能となる過酷な環境、危険な環境での作業も可能である

3.作業精度がよくミスが少ないので、作業品質・製品の品質を一定に保つことができる

4.熟練者を単純作業に割り当てる必要が無くなり、作業割り当ての効率化ができる

5.品質管理がシンプルで安価、且つ確実になる

6.労務問題から解放され、計画通りの生産が望め

 

 

 

 

板材搬送ロボット R200iC/210F


荷姿 2480mm×1240mm 50kg想定

 

資材投入
改善前・・加工機への投入を作業者が都度行っている。
改善後・・ロボットにて3種類の資材投入が自動で行える様に改善。

 

資材梱包
改善前・・製品の取出しを作業者が都度行っている。
改善後・・ロボットにて製品の梱包作業を行う。

 

 

 

 

柱材搬送ロボット M-900iB/400L

 

荷姿 120mm×390mm×6m 140kg想定

 

ロボットで作業改善出来る事

・梱包材から1本のピッキングが可能

・ピッキングした材料をカメラやセンサーを使って梱包する事が可能

・重労働をロボットで改善